Unlike the major U.S. airlines, Southwest Airlines viewed the car and bus as its chief competition. Advanced by Rollin King and Herb Kelleher, the company's founders, this notion permeated the company and drove its commitement to the most inexpensive fares and most frequent flights (up to 10 a day) between urban markets separated by 500 miles or less. This too flew in the face of prevalent industry practice, in which a “hub and spoke” system consolidated passengers from small markets at hub airports to assure relatively full planes for long-haul flights. It also meant that Southwest planes spent less time aloft relative to other carriers' planes. The time Southwest aircraft spent on the ground, as well as the physical stress on aircraft from a higher frequency of take-offs and landings, was costly and labor intensive: on the ground, a wide array of specialized handlers serviced the planes and processed the passengers.

アメリカの他の主要航空会社とは違い、サウスウエスト航空は車とバスを主な競争相手と見なしていた。この考えは会社の創設者であるロリン・キングとハーブ・ケレハーによって推し進められ、会社に浸透し、社は500マイルかそれ以下の距離で分離された都市市場間の、最低運賃と最頻フライト(最高一日10便)に力を注いだ。これはまた広く行き渡っている業界の慣習に逆らうものでもあった。業界では「ハブ・アンド・スポーク」システムがハブ空港で小市場からの乗客を集め、長距離便の飛行機を比較的満席になるようにしていた。このことはまたサウスウエストの飛行機は他の航空会社の飛行機に比べると、空中にいる時間が少ないことをも意味していた。高頻度の離着陸による航空機への物理的なストレスもそうだが、サウスウエストの航空機が地上にいる時間は費用がかかり、労働集約的であった。地上では、様々な分野の専門的な取り扱い者らが飛行機にサービスを提供し、乗客を処理した。

訳注)ハブ・アンド・スポーク=ハブは車軸、スポークは車軸から放射状に出ている直線のこと。小空港から大空港(ハブ)に小型機を飛ばし、そこで乗客を集積して大型機で別のハブ空港に飛ばすという運行システム。アメリカなどで盛ん。機体の効率的な運行ができるが、乗客にとっては不便な乗り換えを強いられる。