To make their own youth culture work, Americans need money. They are very active consumers who pay with their own money. By age sixteen they are also quite mobile. Access to cars gives them the power of choice, autonomy, and privacy. They create many of their own fashions. They hold their own parties, fix up their own cars, and start new fads. They are constrained by family and school to a degree, yet compared with the Japanese they possess the resources for great independence of action. American adults, furthermore, are distinctly, painfully ambivalent about this independence and quite ineffictual in directing it. Our cultural values compel us to encourage our adolescent sons and daughters to view their lives as shaped by their own initiative. We fear too much feedom and know the price being paid in car accidents, drugs, disillusion, pregnancies, and all the rest, but we are neither well prepared nor coordinated to cope effectively given the cultural and institutional situation.

自らの若者文化を機能させるために、アメリカ人はお金を必要とする。彼らは自分自身のお金を使う、非常に活発な消費者である。16歳までに、また彼らはかなり車で移動するようにもなる。車を利用するようになると、選択する力、自主性、プライバシーが得られる。彼らは自分の様式の多くを造る。彼らは自分のパーティを開き、自分の車を飾り立て、新しい気まぐれを始める。彼らはある程度は家族と学校に制限されてはいるが、しかし日本人に比べると、大いに独立して行動するための資源を保有している。その上、アメリカの大人は、この独立について明確に、痛切に曖昧であり、それを導くのにかなりのところ無力である。我々の文化的価値により、我々は、自分自身の主導によって人生は形作られる、と人生を見るよう青少年に鼓舞するのだ。我々は過剰な自由を恐れ、また車事故、麻薬、幻滅、妊娠などなどに支払う代償を知ってはいるが、文化的かつ制度的な状況下において、効率的に処理する準備も協調もできてないのだ。

(訳注)アメリカの若者は自由がありすぎる、という状況を大人たちは快く思っていない。だがアメリカの文化・制度は「自由・独立」である以上、明確に「もっと自由を制限しろ」と言うこともできない。大人たちは青少年をどう導くのか分かっていないし、コンセンサスも取れていないのである。